2003. ブロンズ H1.8×1.7×1.7m 第30回長野市野外彫刻賞受賞(篠ノ井駅西口) 

大阪府立市岡高等学校創立100周年記念会館
オープン一周年記念イベント

いのちを讃えて、彫る
栄利秋(田龍会21期)の世界-展

天と地と人と…、自然・宇宙をイメージした野外彫刻で、各地の街や広場に、
ぬくもりのあるシンボリックな風景を生み出している、栄利秋の造型世界
   

展示 於・市岡高校創立100周年記念会館1F 
         6月15日(火)〜20日(日)        入場無料
15-18(平日)PM4:00-PM7:00/19(土)AM12:00-PM7:00/20(日)AM12:00-PM4:00
栄利秋   profile  現代彫刻家
1937年鹿児島県奄美大島に生れる。
65年京都市立美大美術専攻科(彫刻)を修了、優秀賞受賞。
翌年、現代美術の動向に招待出品。以後数々の彫刻展に招待され
第3回現代日本彫刻展・宇部興産賞、
横浜ビエンナーレ’86彫刻展・協賛賞、
第13回神戸須磨離宮公園現代彫刻展・土方定一記念賞、
第30回長野市野外彫刻賞など受賞多数。
初期の木彫から樹脂へそして石へと、
その素材の遍歴は、
故郷奄美の太陽や海といった雄大な自然がイメージの源泉となって、
作品のスケールをよりダイナミックなものへと変容させ、
「すべての生命への讃歌としての彫刻」と称されるに相応しい
独自の造形世界を創出している。


のページへ
 
to TOP PAGE