どうしやうもないわたしが歩いている…即妙枯淡、入魂の語り芸
    わしはの、放哉のように
  底の抜けた柄杓というわけにはいかなかったが
 いわば、社会の疣みたいなものですよ
 たとえば、顔に大きい黒い疣があるとすれば
 それは邪魔にもなろうが
 小さい疣なら、邪魔にはならないでしょう
 時には、愛敬を添える疣なら
 その疣だと思って、堪忍してくださいよ
大阪府立市岡高校創立100周年記念会館
オープン一周年記念イベント
うしろすがたのしぐれてゆくか、と自嘲の句を詠んだ放浪の俳人山頭火
の生涯を、即妙枯淡、入魂の語り芸へと結晶させた、林田鉄の劇的宇宙
上演   於・市岡高校創立100周年記念会館 2F
6月19日(土)  20日(日)   開場 PM3:30   開演 PM4:00
有料      一般 2000円    中高生 1000円
出演  山頭火/林田鉄  遍路の女/末永純子  演奏/加藤敬徳
林田鉄 profile   

四方館主宰    演出・役者・振付

1944年大阪に生れる。66年同志社大文学部中退。
'63年より演劇と舞踊の二軸活動を始める。
舞踊を神澤和夫氏に、発声を川島孝敏氏に師事。
'80年、二軸活動を一元化し四方館を設立。
以後多彩な上演活動とともに身体表現のメソッド確立に努める。
主作品/'72 身振り学入門/'78 走れメロス/'83 鎮魂と飛翔-大津皇子
/'84 道成寺縁起/'86 林田鉄の舞踊展
/'93 うしろすがたの-山頭火/'97 熊野逍遥-一遍踊り念仏と説経小栗
/他に少女歌舞劇シリーズ、往還記シリーズ。

近年、山頭火を独り演じつつ、後進の育成に励む。
to TOP PAGE 林田鉄の山頭火。へ