うしろすがたの山頭火

うしろすがたのしぐれてゆくか
生死の中の雪ふりしきる
うどん供えて母よわたしもいただきまする
わかれてきた道がまっすぐ
ぼうぼううちよせてわれをうつ
笠へぼっとり椿だった
てふてふひらひらいらかをこえた
鉄鉢の中へも霰

わしはの、放哉のように
底の抜けた柄杓というわけにはいかなかったが
いわば、社会の疣みたいなものですよ
たとえば、顔に大きい黒い疣があるとすれば
それは邪魔にもなろうが
小さい疣なら、邪魔にはならないでしょう
時には愛敬を添える疣なら
その疣だと思って堪忍して下さいよ

てふてふ飛んだ
鉄さんの傍らに座してみられよ。さすれば、てふてふと聞こゆる羽型のその裡に、あなたが切り取ってきた分だけのおおぞらと、雲の墓標が視ゆるに相違ない。臥しては狂酒、歩しては酒悲の人であったとの伝説に惑わされ度くなければ、の噺ではあるが。否、むしろ、納音(なっちん)に由来せしめた「山頭の火」が、春陽が老陽に合した状態を表す謂を想起すれば、鉄さんはその時あなたの真横まで肉迫し、眼前に生の本性たる闇あるいは表出の習性に重ねゆく幻視のあおぞらを垣間見せしむるであろう。ゆえに語りの魂魄は、芸としての少年の叫びであり、術としての老いの囁きとなる。陽炎い昇つ揮発体は彼の人の洲宇宙が醸す悲喜劇にして、残されたうしろ姿こそ我らが今日の含羞である。約すれば、五十歳の坂から幾山河越えなんとするご同輩、言うてはすまんがおっさんおばちゃん。我らはここに鉄さんファン苦楽部を自称する。私設の勝手連である。劇空間のひとときを人性の密か事にとり替え、うっそり微笑むのはあなたの番である。―― 追っ駆け代言人 M.T記

林田鉄 Profile

四方館主宰。演出・役者・振付・プロデューサー。
1944年大阪に生まれる。'63年より演劇と舞踊の二軸活動を始める。
舞踊を神澤和夫に、発声を川島孝敏に師事。後に太極拳を羅彩文より習得。
''80年、二軸活動を一元化し四方館を設立。
以後、多彩な上演活動とともに身体表現のメソッド確立に努める。
主作品/'72身振り学入門/'78走れメロス/'83鎮魂と飛翔-大津皇子/'84道成寺縁起
/'86林田鉄の舞踊展/'93うしろすがたの-山頭火/'97熊野逍遥-一遍踊り念仏と説教小栗
近年、山頭火を独り演じつつ、後進の育成に励む。